樽前会とは

目的

①同窓生の交流の場

・ビジネス交流会を通じた人や仕事へのつながり
・同窓生どうしの懇親や、連絡の場として

②社会に羽ばたく同窓生の支援

・工場見学の支援
・ロボコン全国大会の参加応援

③社会活動

・「夕張市の子供たちに古本募金で新図書を贈る活動」
・ガン制圧活動の「リレー・フォー・ライフ(RFL)さいたま」を支援

④日本を支える技術者の育成、交流

・国立高等専門学校機構とのつながり ・高専・技科大連合とのつながり ・ヒューマンネットワーク高専への参画

意義

①私たちは、母校「苫小牧高専」に誇りを持っています

②関東及び東日本地区には3,000名を超える卒業生がいます

③先輩たちのこれまでの仕事での実績や人脈を活用できる機会があります

だから、私達は樽前会に参加し、同窓生のつながりを、大切に継承していくのです。 皆さんも「樽前会」に参加しませんか!!

支部長あいさつ


特別な一年になった昨年は、新型コロナウィルスが世界経済や人々の生活環境に大
きな影響を与えましたが、私たち「樽前会関東支部」も例年通りのイベントを中止
し、感染リスクを避けてまいりました。しかし、そんな中においても「樽前会関東支
部」の理事会はリモートを中心に毎月のミーティングを開催して、情報の共有をすす
めてまいりました。

今年も暫くはリアルな活動は制限せざるを得ない環境と覚悟致しておりますが、出来
る事を創造し限られた活動であっても2021年の足跡を残したいと考えております。 
 母校の現役学生達も大変な環境のなかで新たなステージに向かうべく取り組んでい
ることと思います。私たちはこれからも苫小牧高専の卒業生である誇りと喜びを共有
して、これまで同様に母校や社会に貢献できる「樽前会関東支部」でありたいと思っ
ております。
 関東・東日本には3,000人を超す卒業生仲間がいます。 しかしながら、支部会員
登録者数はおよそ400名。 関東・東日本にお住まいの方でまだ会員登録されていな
い「苫小牧高専に縁のある方」は、本ホームページの“会員登録”から気軽にご連絡
ください。
 
「樽前会」の冠となっている郷里の樽前山の様に、裾野の広い卒業生の集まりでコ
ミュニケーションを膨らませ、今後も継続して良い化学反応が出来ることを願ってお
ります。


樽前会関東支部 支部長  大 竹 秀 幸



協賛情報

株式会社ウィットシス

IT技術を事業の基軸とし、高い技術と高品質なサービスを提供することを推進しております。

株式会社アクセスネット

業務システム開発から運用保守・インフラ整備・IT教育まで、幅広く対応します。

イー・トップ株式会社

EINスーパーウッドの建材事業を礎に不動産ソリューション4事業で社会に貢献します

株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング

企画・開発・運用までIT化を支援します。経済産業省認定 スマートSMEサポーターです。

株式会社IMUH(イミュー)

臨床検査受託事業を中心に健康・医療に関する情報を提供して参ります。